日本の工作機械メーカーDMG森精機に関する投資情報

日本でトップクラスを誇る工作機械メーカーの1つに、DMG森精機株式会社があります。東証1部に株式を上場している企業で、本社は愛知県名古屋市にあります。社名にある「DMG」とは、ドイツの工作機械メーカー、「ギルデマイスターグループ」という会社のブランド名です。森精機はこのドイツ企業と提携関係にあるため、2013年から社名に「DMG」を含めるようになりました。
ではここで、過去1年数か月間におけるDMG森精機の株価推移に注目してみましょう。2015年1月5日、森精機の株価は1,500円ちょうどという始値を付け、1年の取引が始まりました。その後はおおむね上昇基調で推移し、6月上旬には2,638円という年初来高値を記録します。しかし、株価はこれを境に下落に転じ、その下落傾向に歯止めがかからないまま年末を迎えます。2015年12月30日には1,425円という終値を付け、1年の取引を終了しました。2015年における年間騰落率は5%のマイナスです。
株価の下落傾向は、2016年になっても続きます。2016年1月4日、この年最初の取引で、森精機株には1,400円という始値が付きました。そして、翌月の半ば(2月12日)には、終値で828円という安値を記録します。これは、この時点における年初来安値(昨年来安値)となっています。とはいえ、その後は1,000円台を回復し、3月2日現在の株価は1,064円となっています。これは年初と比較して24%もの下落となる値です。
なお、DMG森精機の単元株数は100株です。したがって、現在の株価水準であれば、同社の株主になるために必要な投資額は11万円弱ということになります。