1万円以下で投資をするなら三井金属などの小型株から

世界経済の好調と日本経済への期待感から、株式市場は活況を呈しています。投資については、インターネットを介した取引が浸透して以降、誰でも簡単に取引を始めることが出来るようになりました。

確かに現在の地合いだあれば、以前に比べて利益を獲得できるチャンスは増えたと言えます。しかし、初心者が投資を始める際は、いきなり大きな金額を投入するにはリスクが高すぎます。まずは取引や相場というものがどうのようなものかを経験することが大切です。そのため、最初は1万円以下程度からスタートすると良いでしょう。また、投資対象は三井金属など、企業の利益が安定しており、かつ発行株式数が少ない小型株から始めることが大切です。

上級者ともなれば、様々な投資対象に注目することが大切ですが、初心者はまず倒産する危険性が少ない企業を投資対象にすることが非常に重要です。そうすることで、たとえ含み損が生じても、売却せずに株価が持ち直す可能性があるからです。倒産企業に資金を投入してしまうと、最悪の場合、取引自体が出来なくなる可能性があるためです。

また、小型株から始める理由としては、1日から1ヵ月など、比較的短期に取引する銘柄として適しているからです。小型株は株式発行数が少ないことから、少し大きな取引をする投資家が現れると大きく値が動きます。そのため、株式投資の値動きを肌で感じる良い経験になります。投入額が少なければ、たとえ損をしても授業料として割り切れますし、運が良ければ利益を獲得することが出来ます。その後、基本的な知識を身に付けてある程度の経験を積んだ後は、取引量が多い大型株にある程度の資金をつぎ込んで利益獲得を狙うのも良いでしょう。